« TX開通III:変わるつくば | Main | TX開通IV:筑波研究学園都市のなぞ »

民主党と郵政民営化についてのものすごく簡単なまとめ

(この記事は、反・民主党というよりも、親・平蔵です。)
 結局「民主党が政権を取ってからじっくり民営化するんだから、平蔵の案には反対」と言ってるだけ。
 なんとなく馬鹿にされてる気がします。

民主党 村越ひろたみ氏
 最近、小泉さんは「小さな政府か大きな政府を選択する選挙だ。」「郵政民営化で小さな政府をつくる。」と盛んにアナウンスをしています。思うに、これもま たインチキな議論です。なぜならば、郵政公社には一円の税金も投入されておらず、職員の身分を国家公務員から民間人に変えたとしても、歳出削減には全くな らないからです。きちっと政府の無駄遣いをやめて、特殊法人への補助金垂れ流しを止めなければ、政府が「小さ」くなるはずはありません。

自民党 竹中平蔵氏
                                [1]350兆円が民間のものになる
 いま、郵政は、郵貯を240兆円持っている。これは、日本のメガバンクの合計よりも多い。そして簡保は、最大の日本生命の3倍規模だ。両方あわせると 350兆円である。いま国のものになっているこの巨大な資産が民間のものになるということの意味は大きい
                      [2]2万4000のコンビニチェーン
                       主に三つの商品に限定されている郵便局という名前のコンビニがある。それが民営化され、民間と同じ競争レベルに立つと、多くの商品を扱うようになったり長時間営業が可能になったりする。それだけ国民の利便性は増すだろう。
                      [3]公務員が減る
                       公務員として日本郵政公社で働いている人員は現在28万人だ。この28万人が公務員でなくなるわけだから、「公務員を減らして小さな政府に」という基本姿勢に一致する。
                      [4]国の財政に貢献する
                       よく、郵政は国鉄とちがって、税投入をしていないから、民営化の必要がないという意見を聞く。しかし、たとえば、郵政は税金も預金保険料も払っていない
                       つまり、国民は見えない形で税負担をしていることになる。それが民営になれば、これらの支払い義務が生じる。結果として、日本の財政に貢献することになるだろう。
----------------------------------

 大変申し訳ないんだけど、民主党 村越ひろたみ氏の視点は狭すぎて、支持する気になれないんです。本当は使い古しの自民党じゃなくて、政権維持能力がある民主党を支持したい気持ちは、奥底にあるのですが、どうしてもその気になれないんです。そのじれったい気持ちが、どうにもやるせない。
 民主党のやるべきことは、学者の出した緻密な法案に反対することじゃなくて、それよりももっともっと先に、荒削りでおおざっぱで構わないから素早く民営化法案を出しておくことじゃなかったのでは、と思います。政権を奪取しようとする政党に期待することって、そういうフットワークじゃないかと思います。もう遅いですけれども。

 なんでも反対政党なら、いらないんですよ?

 あと、「特殊法人への補助金垂れ流しを止め」るには「族議員を斬り捨てる」事が必要ですよね? 「民主党に政権を」も一つの方法論だけれども、小泉さんは、さくっと郵政族を一刀両断ですよ。次は、農協ですか?とも言われています。

|

« TX開通III:変わるつくば | Main | TX開通IV:筑波研究学園都市のなぞ »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

「政権維持能力がある民主党」というのは、「もしもそういう能力を持ち合わせていたらば」という意味合いなのです。誤解しやすくてすみません。

Posted by: さとしす(satoshis) | 2005.08.24 at 08:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1862/5617649

Listed below are links to weblogs that reference 民主党と郵政民営化についてのものすごく簡単なまとめ:

« TX開通III:変わるつくば | Main | TX開通IV:筑波研究学園都市のなぞ »