« November 2004 | Main | January 2005 »

ウイルス作成者を「晒す」ソフォスCEO

 トレンドマイクロ、シマンテック、ネットワークアソシエイツに比べると個人向け商品を出していないこともあって、今ひとつ日本の知名度に欠けるソフォスですが、CEOが来日して、説明会を開いたそうです。

スパムはウイルス感染したPCの“軍隊”から送信される~ソフォスCEO

 PCの軍隊というのは、ゾンビクラスタとも言われていて、乗っ取られたPCによる闇のネットワークで、ここからSPAMやらウイルスやらが発信されます。乗っ取りもウイルスを使って行われています。ウイルス対策が十分ではないPCが沢山あるような地域(ロシアとか中国とかロシアとか中国とか!)に、そういうゾンビクラスタは潜んでいるようです。

 それはさておき、このCEOさん、ウイルス作成者がよっぽど憎いと見えて、この説明会で、氏名・写真付で紹介してますよ。

NetskyとSasserの作者: ドイツ人の学生Sven Jeschan(←大きな写真へのリンク)
今年のウイルス攻撃のうち、55.8%が、こいつが作ったウイルス。(←大きな写真へのリンク)

スパマー代表は、“Buffalo Spammer”と呼ばれた米国のスパマー、Howard Carmack(←大きな写真へのリンク)

…やはり、憎しみを増幅させるには、「晒し」って有効ですね。

 あと、アフリカとかでエイズ薬を格安で生産・流通させているように、特定の地域では、ウイルス対策ソフトをWindowsにバンドル(そう、IEみたいにっ!)して送り込むようにしないと、どうにもならんのではないかと。…というか、こんな事誰でも思いつくはずなんだから、とっととやって欲しい。ビジネスモデルだって、描けない訳じゃないでしょ?

| | Comments (59) | TrackBack (0)

メリークリスマスなウイルス WORM_ZAFI.D(W32.Erkez.D@mm)

トレンドマイクロ WORM_ZAFI..D
シマンテック  W32.Erkez.D@mm

 クリスマスのグリーティングカードなメールに偽装した、ウイルスです。大量配信型バックドア作成機能付き。
英語とドイツ語の二ヶ国語対応で、ドイツから流行したくさい。
 ウイルスセキュリティ各社の定義パターンファイルは既に対応済みですので、日本では大流行はしないと思われます。

 けっ、またドイツ人かよ。

| | Comments (59) | TrackBack (0)

ながらスイミングできるMP3プレーヤー?

 ほしー。スイミングって他と違って音楽聴きながらとかってできないの不満だったのですよ。ロングディスタンスのフィットネススイマーには最適ですねえ。ただ、問題はスポーツクラブのプールに持ち込めるかどうか。あと、競技系スイマーの突っ込みがあるかどうか、ですかね。

超・最終気象兵器『謎コン』稼動状況報告書 - プールで泳ぎながら聴けるMP3オーディオプレイヤー

直接にはここ

| | Comments (102) | TrackBack (0)

品川南口のクリスマス

041207190411.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

コルトンプラザのクリスマス

041204191804.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ココログ一周年と三日坊主

 今日は、自分のココログ一周年記念日になります。

そんなときにこんな記事。
【Web and Internet Applications Day】ブログサービス開発者による今後のブログ展望より。

 平田大治氏は、ブログのPingサーバー「ping.bloggers.jp」も運営しており、Pingサーバーから見た「ブロガーの一生」というデータも紹介。「最低で2回はPingを送信したことがあるブログの“平均寿命”は38.2日、10回以上はPing送信しているブログは60.79日で、平均のエントリー間隔は3.63日」とコメントしたのち「ブログの“三日坊主率”は47%」と紹介、会場の笑いを誘った。

 平均寿命って、相当短いのですね。普段見に行ったり、左側にリストしてる人は、大体同じくらいに始めた人たちだけど、世間の様子から考えると圧倒的に生存率が高いことになりますね。
 フォーラムの「書き手」だった人がココログには多い、と始まった頃に言われていましたが、そういう人たちは継続率も高いですね。

 それでは、これからもよろしくお願いします。

| | Comments (64) | TrackBack (0)

ドラクエもPSPも買わないのは…

 予約してまで、買うつもりがないというか、予約できたのできないのとか、オークションサイトでぼったくりだの、というのが嫌なんで、乗れないというのもあるけれども。
 本当はそうじゃなくて、これを予約してしまったからです。

        ポップンミュージック・アーケード・コントローラー

これがあればアーケード機と同じ感覚で楽しめます。数量限定で何度か発売されていましたが、その度に我慢してたんですけども、PS2版の10の発売に合わせて?再発売。じゃ、記念ということで、ぽちっとしてしまいました。結局10まで欠かさず買ってきているのだからしょうがないでしょう(アニメロ、ヒットパレードを含む)。これがいよいよ一週間後あたりにやってくる予定です。

 これ、3万円です。仮面ライダーリュウキの大人向けベルトも同じ値段だそうですが、酔狂で出せるギリギリの値段という事で、いいとこついてます。これ以上だと「そこまでバカにはなれません。」と引くところですが、「うーーーーーむ、バカだけど、そうだけど、うーーーーむ、やっぱ欲しい。」というところですね。

デカ・イエローのジャケットも、スカートとあわせて、この位だったそうですし。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

既発売のネットワークウォークマンでMP3

 レーベルゲートCDの実質的な廃止。SonicStage2.3での転送制限撤廃に加えて、ネットワークウォークマンでMP3を使えるようにしてきましたね。
 新製品はもちろん、既発売機も有料とは言え、たった2000円で改修すると、お知らせがありました。往復の送料考えたら、タダで直すと言ってるようなものです。いろんなところで何度か書いていますけど、サービスセンターの技術者がいじったらそれだけで技術料と言う人件費が5000円ほどかかります。保証期間外ではそれがもろに修理費の一部になり、期間内では、それが作った側に付け替えられているだけです。

 持ち出しになるコストは相当なものになると思いますけど、なーんか、どっちかというと本音は、喜んでやっているような気がします。iPodという黒船さまのおかげで、旧体制が崩れたのですから。

さとしすの本八幡な日記: NW-HD1感想

| | Comments (3) | TrackBack (0)

市川ICから鎌ヶ谷方面の都市計画道路、建設へ動き出す

 
 京葉道路市川インターチェンジからコルトンプラザを通って、14号でどん詰まりになっていたところを、市民プール方面への道まで通す計画です。
 市内の南北交通の要の一つとして位置づけられています。
 これによって、菅野や北方の住宅街の中の交通渋滞の解消が期待されています。もちろん、コルトンプラザや駅前の渋滞も。木下街道方面へさえも、楽になりそうなのは、つまり、元々が悪すぎるからですけど。

日本建設新聞11月30日付

本北方、新木株橋の下部工を来年度  今年度は迂回路築造   浦安鎌ヶ谷線 環境配慮し騒音対策追加    市川市が住民説明会

 市川市道路建設課は28日、都市計画道路3・4・18号浦安鎌ヶ谷線ほか1線(都計道3・6・31号菅野若宮線)に関する住民説明会を開き、14年度から実施してきた環境調査の結果を踏まえ、新たに騒音対策を追加する考えを示した。また今年度は、本北方橋架け替えに先立つ迂回路築造工事を行い、来年度は同橋と新木株橋の下部工に着手するスケジュールを示した。

 今年3月末から募集した同路線の道路計画に対する意見は、全部で342 通寄せられた。項目別に分類すると、その中で最も意見が多かったのは、「整備効果・必要性」についてで、全体の半分以上を占めた。これに対して同市は「市内の渋滞、排気ガスの総量の減少」「細街路に入り込んでいる通過交通の吸収による交通事故の軽減」「植樹帯や残地の緑化による緑化面積増加」「市北東部の下水道未整備地区約700haの促進」──などといった見解を示した。

 また市民からの「現道は歩道、車道の区別がなく道幅も狭い」との声については、「車道と自転車歩行者道の間に植樹帯を計画しているため、両者は完全に分離され、安全性は高い」と説明。「自転車歩行者道は4mを確保するので、車椅子などのすれ違いも十分。車道は3mずつの2車線で、歩道側に停車帯もある」と安全な通行が可能なことを強調した。

 道路構造について、京成線アンダーパス部に採光を求めた意見に対しては、「蓋掛け構造となるアンダーパス部の延長は約14m。照明施設を設置する」と回答。さらに「アンダーパス部の歩道をバリアフリーに配慮する」との考えを示した。

 また防音壁・防音土塁の設置は景観上好ましくないので地下化を提案した意見については、「地下構造は環境面でのメリットや道路上部を活用できる反面、追加買収坑口付近の環境対策、交通機能低下、水没の危険性、トンネル火災に対する対応など解決の難しい問題が発生する」として環境対策を追加することで対応する考えを示した。

 そのほか国道14号との交差点信号のスクランブル化を求めた声に対しては、「歩行者の交通量が多い駅前交差点などに限り採用されており、現時点では交通処理能力の低下などの問題を大きくする恐れが高いため難しい」と否定的な見解を示した。

 騒音対策に関して遮音壁の設置に懸念を示した意見については、「環境保全目標の達成のためには、騒音対策は必要。しかし遮音壁は遮音効果が高いものの、沿道利用面、景観にデメリット」との認識を示し、「低騒音舗装、防音サッシなどの沿道家屋対策、残地を利用した植樹、築堤など様々な対策を組み合わせていく」とした。具体的な対策の内容は「道路供用直前の状況を把握し、沿道地権者の意向を踏まえて決定する」との見解を示した。

 景観への配慮を求める声については、「道路にかかる樹木はできるだけ工夫して少しでも多く残す。撤去せざるをえない樹木は移植、残地を利用して緑地空間を確保する」とした。さらに電柱、ガス、上下水道の地下埋設については「電気、電話設備の無電柱化などのインフラの地下化を検討する」と回答した。

 工事全般に関する意見については「工程的にも優先度が高い本北方橋の架け替え(拡幅)から進める」との考えが示された。真間川沿いの桜については「工事範囲外なので、現在のまま残す。工事範囲に入る一部の木は樹木医の助言を聞いて適切に対応する」とした。

 これまで行ってきた環境調査結果を踏まえた今後の整備方針も示した。それによると、まず現計画(7年度事業認可)に遮音壁などの適切な騒音対策を追加。具体的な対策については、沿道住民の意向を考慮するとともに、環境保全目標の達成に留意、最新技術を導入して環境への影響の低減を図る。また道路に抵触する樹木については伐採などを最小限にして自然環境を保全。供用開始後には、大気、騒音、振動に関するモニタリング調査を実施して、その結果を踏まえた必要な対策を講じていく。

 今後の整備スケジュールについては、今年度は本北方橋拡幅工事に向けた迂回路築造工事を行う。公募型指名競争入札で第3四半期中の発注を目指している。迂回路の詳細設計は、14年度に構造計画コンサルタント(千葉市中央区中央2-7-10)に委託して仕上げた。規模は、仮設道路が延長150m、幅員9m(車道7m、歩道2m)。仮設桟橋が橋長16m、幅員9m。当初予算に工事費として2000万円計上した。

 さらに、来年度からは工事を本格化されるとして、本北方橋と新木株橋の下部工にそれぞれ着手する予定。

 本北方橋(本北方2-3)は中山団地沿いを走る市道0230号線の延長線上に架設されている橋梁で、大柏川を跨ぐ。浦安鎌ヶ谷線の整備区間の末端に当たる。現行の橋梁規模は橋長16m、幅員10.25m(高欄部含む)で、下部工は場所打ち杭。

 また、架け替えに伴う取付道路については昨年度に、詳細設計を構造計画コンサルタントに委託して仕上げた。道路延長250m、幅員は車道が3m(上下2 線)、歩道2.5m(両側)、路肩0.5m(両側)。全幅で12mとなる見通し。本北方橋の本体については、現道上下2車線で片側歩道のところを、右折レーンを設けて歩道を両側に設置、全体を拡幅する。基本・実施設計は13年度に同社に委託して完了済み。橋長20m、幅員14m。用地買収に向けた用地測量は14年度に大東測量(市川市八幡2-2-3)が担当した。

 新木株橋については、13年度に実施設計を東京コンサルタンツ(千葉市中央区中央2-7-10)に委託して仕上げた。規模は橋長15m、幅員15.5m。

| | Comments (32) | TrackBack (0)

InternetWeek2004とIPmeeting92

 昨日、SPAMと闘うチュートリアルとBoFに行ってきました。IW04は、ほりえもんも孫さんも楽天の人もビットバレーの人たちもひろゆきもいない、インターネットのイベントです。
 このイベントは昔、IPmeetingと言いました。92年に一度出た事があります。そんときはタダだったし。そのときの内容は、いよいよ日本でも商用ISPを立ち上げる、そのための接続点を作るのだ!とか、企業間相互接続では近年頭打ちだけど、商用ISPによる個人ユーザ開拓でジャンプアップだとか、インターネットがコストからプロフィットを目指すのだ(夢だけど)みたいな、ノリでした。まだ、学校と研究所とコンピュータ屋さんしかインターネットにいない時代でした。普通の人はパソコン通信でしたね。
 それに比べて今では、ファイヤウォールとか、ウイルス対策とか、スパム撲滅とか。せっかく張り巡らしたネットワークに巣食う悪い人たちと闘うことばかり。そんな技術ばかりだとちょっと嫌になっちまいますけども、一方で、昔と変わらない人たちの姿を見て、勇気付けられたところもありました。そういえば、お金儲けはインターネットを広めるための手段であって、目的じゃなかったんでしたっけね…と。(InternetWeekも、BoF開催の場所代稼ぎとして有料チュートリアルという側面がある。今時はナイショなのかな、それ。)
 WIDEの動きとか、ちゃんとウォッチしておかないといけませんね…反省。

 受講できなかったけど、まーちゃんが講師をやってたのを見て、にやっとしました。WIDEでビデオが公開されたら、見ましょう。

| | Comments (65) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »