« マクドナルド生活の果て | Main | 独自ドメインと個人情報 »

新風舎は出版社か印刷業者か?

 新風舎という、「表現する人の出版社」があります。

本を出そう。原稿をお送りください。目的と内容にあった出版プランを提案します。

 共同出版という名前の自費出版により、原稿を立派な本の形にして、書店売りしたり、書籍関係の雑誌に広告したりしてくれる所だそうです。
 聞くところによると、「著者」の負担額は200万円程度、初刷り500部、一冊の売値2500円程度らしいです。ハードカバーでも、2500円はなかなか強気です。通常の書籍、「なつかしのハワイ旅行」荒又宏が、1480円でした。無名な人の無名な本が2500円。手にとってみて面白ければ、買いますが、一瞬引く値段です。

 重要な点は、出版にかかわる経費はすべて著者の負担であり、たとえ一冊も売れなくても新風舎側には損は無いということです。
 これを出版社というかどうかは微妙なところです。製本デザインを内蔵した同人誌印刷会社、って考えたほうがしっくりくるのですが、「著者」の方々にそのように思わせないように巧みに誘導している風に見えます。
 世の中には、「自分の作品は傑作なのであるから、世に出さえすればヒット間違いなし、500部完売ですぐ増刷さ!」という人が一杯いるらしいのです。(実際に増刷かかるのは、全体の5%ほどらしいです)
 200万円で夢を買う、という気軽な気持ちであれば良いのですが、そうでないと悲惨なことになるかもしれません。

|

« マクドナルド生活の果て | Main | 独自ドメインと個人情報 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1862/1742012

Listed below are links to weblogs that reference 新風舎は出版社か印刷業者か?:

« マクドナルド生活の果て | Main | 独自ドメインと個人情報 »