« 75.3kg/swim 2000m | Main | 「野良」新聞勧誘員ってたち悪い »

ぶつぶつぶろぐ: ちょっと行きたいかも

ぶつぶつぶろぐ: ちょっと行きたいかも

で、ちなみに山頂までどうやっていくんだろうと思いきや、 公共交通機関はないので車を調達し、現地に集合。 わははは。。無謀だなあ(^^; 確かに山頂までは整備されたきれいで広い道路がありまして、車で山頂まで行けます。

 実際に中腹まで車で行きましたが…「他人様にはお勧めしてはいけない(at your own risk)」事になっています。確かに山頂までは整備された道路ですが、登山口までの道(サドルロード)は、(特にカイルア・コナ側からは)整備状態が悪くレンタカーの保険の対象外です。途中、ガススタンド・集落はおろか、人家もありません。ハワイ島は四国の半分の大きさと言いますから、海岸から四国の4分の1までそういう道を進む必要があります(ヒロ側からは多少マシ)。

 山頂まで舗装道路が整備されているのはさすがアメリカ!ですが、ガードレールまでは無いので、コースアウトすると悲惨です。周りは四駆車の死屍累々とかいう話も。一気に上がると、高山病確実ですので、中腹にある、オニヅカ ビジターセンターで休息して体を慣れさせる必要があります。そして、子供はこれ以上は登るなと、強く勧められています。以前は、登っても各国の展望台が並んでいる姿を眺めるだけでしたので、中を見せてもらえるようになったのは良かったと思います。
 いつかは山頂に行ってみたいなと思います。

ビジターセンター インフォメーション(日本語)より
注意!注意!注意!注意!注意!
 マウナケアの気象状況は、強風、凍霜(?)、雪に見舞われることがあります。暖かい衣類が不可欠です。山頂の空気はとても薄いので、16歳未満のお子様、妊娠中の女性、呼吸器や心臓の悪い方、なおかつ肥満の方はステーションより更に高い高度へ行くことは危険です。スクーバダイビングを行った方は、最後のダイビングから24時間以上経過するまでは山頂へ登ることができません。マウナケアはガソリン、食事などを供給する場所はございません。

 エリソン・オニヅカ氏について。
 エリソン・オニヅカ氏は、ハワイの日系三世で、スペースシャトル チャレンジャーの最後のミッションの搭乗員でした。その功績を称え、メモリアルとして、彼にちなんだ名前に改められたそうです。センターの外には、記念のレリーフもあります。

|

« 75.3kg/swim 2000m | Main | 「野良」新聞勧誘員ってたち悪い »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1862/1139333

Listed below are links to weblogs that reference ぶつぶつぶろぐ: ちょっと行きたいかも:

« 75.3kg/swim 2000m | Main | 「野良」新聞勧誘員ってたち悪い »