« 日本道路公団東京建設局 | Main | 79.70kg/ »

北の国から: 人質を批判する竹内氏

これがどうして、官僚が絶対口にしてはいけない言葉なの?

北の国から: 人質を批判する竹内氏


04/04/12外務省の竹内行夫次官いわく。

「退避勧告にぜひ従っていただきたい。邦
人保護には当然限界がある。自己責任の原
則を自覚していただきたい。」

まだ保護できていないときに冷たい言葉だ
が、それ以上にこれは官僚が絶対口にして
はいけない言葉。

 もちろん、再三の勧告を無視した行動によって拘束(拉致)されたとしても、それを全力で救出に努力する責務は政府にはあります。 ただ、その能力には限界があると言っているだけの事ですよね?
 その最大限の努力の中に「自衛隊撤退」が元から入ってないだけです(誤算ですか?誰の?)。


 国内では批判の多い家族の記者会見が、彼の地には有効に作用しているようですので、中傷を省みず、どんどんやったらよろしいのではないでしょうか?(どうせ私は見ませんし) 武装勢力の最大の弱点は、まさにここで、日本人とはいえ、自衛隊派遣を非難する側の人を人質にしてしまったことなのですから。
 自作自演説にはあまり言及したくありません。仮に当初自作自演のつもりだったとしても、状況によっては殺される可能性は十分にあるので、そこをどうこうするのはあんまり意味が無いと思います。

 中傷(本人にとっては、批判・抗議・説得等)する人たちのほうが、むしろ自分なんかより、彼らへの愛情を感じますね。 愛憎っていうくらいですから。こっちはもう、これ以上続くなら朝日新聞購読するのやめようかと思ってしまいます。情報が無いくせにWBSでも扱うから最近ニュース番組は全く見てません。おかげで今期の新番組の消化が進む進む。 回転扉も回転遊具も関心ゼロだしね。
 関心ゼロというのは、批判する気も無いということです。例えて言えば、「日本シリーズ開催時において、世間がどっちが勝つか大騒ぎしている時に、ただただ、試合時間の延長があるのかどうかだけに関心がある」という事です。
 

 一言で言うと、もう飽きた。

|

« 日本道路公団東京建設局 | Main | 79.70kg/ »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

この問題にあえて発言する気はありません

>一言で言うと、もう飽きた。
はげしく同意

Posted by: ひろべ | 2004.04.14 at 04:42 PM

私も辟易組です。
この「中身の薄い報道の垂れ流し」故に私の人質だった御三方とそのご家族への視線が余計厳しくなっているような気もしています(苦笑)。

Posted by: くわとろ | 2004.04.16 at 04:32 PM

 もう、名誉欲にとらわれた人たちの軽率すぎる行動について、とやかく言うのは止めにしたいです。が、まだ国境付近にわさわさいるそうですねぇ…。

Posted by: satoshis | 2004.04.18 at 01:46 AM

 フジ・産経グループは、「自己責任」や「自業自得」どころか、「自作自演」方向へのキャンペーンを開始したようですよ。誰が一番得をしたか?と考えると容易に信じてしまいそうになるほどには、材料があるのは確かですが。

Posted by: satoshis | 2004.04.19 at 11:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1862/438720

Listed below are links to weblogs that reference 北の国から: 人質を批判する竹内氏:

« 日本道路公団東京建設局 | Main | 79.70kg/ »